福島の桜めぐり2日めです。

まずは会津若松の「石部桜」

八重の桜

大河ドラマ「八重の桜」のオープニングにも使われた樹齢600年の桜の木です。

江戸時代から名木として知られていたとのこと、

この日も朝から大勢のお花見客が訪れていました。

八重の桜1


途中、会津飯盛山に寄って白虎隊のお話を伺いました。

飯盛山の「さざえ堂」

さざえ堂

寛政8年(1796年)の建立、六角3層高さ16メートル、

中はらせんがた通路で階段がなく、一方通行で昇りと下りが別通路になっていて不思議~

日本唯一、世界にも例がない名建築とされています。


そして「鶴ヶ城公園」へ

鶴ヶ城

天守閣は2011年改装し美しく復元されていました。


鶴ヶ城天守閣


約1000本のソメイヨシノがほぼ満開~

天守閣からの眺めも絶景でした。


鶴ヶ城風太




その後、会津鉄道で湯野上温泉まで移動し「大内宿」を散策しました。

宿場

「大内宿」は会津若松と日光・今市市を結ぶ南山通り(会津西街道)の宿駅の一つでした。

茅葺屋根の建物が保存されていて、いろいろなお店が並んで賑わっていました。

こいのぼりが青空に泳いでいて爽やか~


大内宿



今回の福島旅行、ちょうど桜が満開でとってもラッキー

桜の花に癒されて、とても楽しかったです。

JTBさんのツアーにしましたが、個人旅行ではこんなには巡れなかったかな・・・

ちょっと忙しかったけど、たまにはツアーも良いですね。

「福が満開、福のしま」また別の季節に訪れてみたいと思います。


スポンサーサイト

日本民家園へ

春の南東北めぐり、No.1

comment iconコメント ( 1 )

桜が美し~~~

名前: olive [Edit] 2014-05-13 13:26

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)