マテーラからアルベルベッロに車で向かう途中、

白壁の町、オストゥーニとロコロトンドに立ち寄りました。

オストゥーニ

オストゥーニは中世の丘上都市、白壁の建物が丘の上に密集しています。

オリーブ畑の中、丘陵の地形と建物が一体化して街全体がひとつの大きな構造物のようです。


オストゥーニ1


強い日差しに対抗するため、外壁に白い石灰を塗って真っ白な街並みになっています。

建物と路地と階段が続いていて「白亜の迷宮」と呼ばれています。

奥まで行ってみたかったけど、迷子になりそうで・・・

オストゥーニ2

あいにく、急にどしゃぶりの雨になってしまいました。

天気が良いと、向こうにアドリア海が見えるはずだったのに~

とても残念でした。


ロコロトンドに着くころには、雨もやんで青空が顔を見せてくれました。

ロコロトンド

石畳の道と白い壁の家が並びとてもエレガント、

白壁に手入れの行き届いた花や緑があふれていました。

ロコロトンド1

ロコロトンド2

イタリアの最も美しい村のひとつ、と言われているそうです。

ランチはロコロトンドで、

地元の人達で賑わっているお店に入ってみました。

温野菜、野菜のフリット、パスタ、どれも美味しかった~

今度、ズッキーニのマリネとフリットを自分でも作ってみようと思います。

ロコロトンドランチ

さあ、いよいよ憧れのアルベルベッロです・・・

スポンサーサイト

GW旅行記~アルベルベッロ

GW旅行記3~マテーラの朝

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)