渋温泉に行った本当の目的は、翌日の「地獄谷野猿公苑」でした。

世界で唯一、温泉に入る野生のサルがいるところです。

渋温泉から専用バスで15分、駐車場から山道を15分くらい歩くと

ようやく地獄谷温泉です。

モンキー雪

雪景色のなか、ニホンザルの群れが遊んでいました。

温泉につかって毛づくろい、気持ちよさそうです。

スノーモンキー2

スノーモンキー

海外からの観光客もたくさん来ていらっしゃいました。

「アンビリーバボー!」「アメージング!」とシャッターを切っていました。

スノーモンキー1

地獄谷野猿公苑は、1964年開園

自然なかたちでニホンザルを観察できます。

昼間は160匹ほどの群れが遊んでいますが、夜になると森に帰っていくそうです。

人間のことなど、まったく気にせずにくつろぐサルたち・・・

ここはサルの惑星か~と思ってしまいました。

一度、会いたかったスノーモンキーにようやく会うことができました。

スノーモンキー風太

風太君、サルにいたずらされないように気を付けないと!


スポンサーサイト

ベアフェスへ

渋温泉へ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)