バルセロナ旅行、最終日は夕方のフライトまでの時間

街歩きを楽しみました。

カテドラル

「カテドラル」13世紀末から15世紀にかけて建立された

ゴシック様式の街の象徴的教会です。

街

旧市街の街角で

病院

「サン・パウ病院」

病院1

ガウディの師、モンタネールにより1902年~1930年に建設された大病院です。

カタルーニャ・モダニズムを代表する作品といわれています。

「都市の中にある都市」をコンセプトに、レンガ作りの建物が27棟、

広々とした敷地に建っていました。

庭には、ラベンダー、ローズマリー、バーベナなどの医療に関連したハーブも

沢山植えられていました。

ホスピタリティー溢れる素晴らしい病院でした。


街1

街3

病院の周りを散策して

街2

ランプラス通りからホテルへ

ホテル

今回の宿は「Ohla Hotel」

モダン&前衛的なインテリア

屋上テラスのプールからはバルセロナの街が見渡せます。

カタルーニャ音楽堂のすぐ近くでロケーションも居心地もとてもよかったです。

ランチ

そして、レストランの料理がとても美味しかった~

空港に行く前に最後のスペイン料理を楽しみました。

サクラダファミリア朝


4泊6日、アッという間のバルセロナ

天才建築家ガウディの作品だけでなく、カタルーニャ・モダニズムと歴史と活気のある

とっても楽しい街でした。

「サクラダファミリア」はガウディ没後100年の2026年完成予定だそうです。

現在のスケールを上回る大きさになるとか!

完成後、また訪れられたら良いな~


終わり

(長々と旅行記にお付き合いくださり、ありがとうございました)



スポンサーサイト

「上質な私時間2016」開催とWSのお知らせ

バルセロナ旅行記(4)

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。