今日もテディベア日和

Archive

2013年03月 1/1

桜、フォトワークショップ

今年の桜の開花は早かったですね~なんだか気持ちの準備ができてないうちに、満開になってしまいました。24日の日曜日、篠利幸先生のフォトワークショップ実習で巣鴨(染井霊園)~王子(飛鳥山公園)~駒込(六義園)と桜の名所を巡りました。巣鴨から染井通り沿いにある「染井霊園」は染井吉野の発祥の地でもあり染井吉野の大木がいくつも墓地のなかに、枝にたわわに花をさかせていました。昔は桜の下に死者を埋葬していたそう...

  •  0
  •  0

ベアフェスへ

週末、テディベアフェスティバルへ行ってきました。毎年、3月に催されるこのテディベアフェスティバルは私がベア作りを始めるきっかけとなった展示会です。「何か面白いことないかな~」と日々過ごしていたころ、たまたま恵比寿ガーデンプレイスでフェスティバルを見たのでした。子供のころからテディベアは好きだったけど、自分で作れるものだとは思っていませんでした。会場で、たくさんの作家さんが自分で作ったベアを並べてい...

  •  0
  •  0

スノーモンキー@地獄谷野猿公苑

渋温泉に行った本当の目的は、翌日の「地獄谷野猿公苑」でした。世界で唯一、温泉に入る野生のサルがいるところです。渋温泉から専用バスで15分、駐車場から山道を15分くらい歩くとようやく地獄谷温泉です。雪景色のなか、ニホンザルの群れが遊んでいました。温泉につかって毛づくろい、気持ちよさそうです。海外からの観光客もたくさん来ていらっしゃいました。「アンビリーバボー!」「アメージング!」とシャッターを切って...

  •  0
  •  0

渋温泉へ

長野から長野電鉄で湯田中へ、そこから少し行ったところの「渋温泉」に行ってきました。渋温泉は開湯千三百年ともいわれています。古くは江戸と信州善光寺とを結ぶ脇街道で、草津道の要路にあり重視されてきました。小林一茶や林芙美子など多くの文人墨客にも愛された名湯です。石畳の続く温泉街には、九つの共同浴場(外湯)があり湯めぐりを楽しめます。外湯はとても湯の温度が熱いのですが、時折雪が舞うなか寒さをあまり感じこ...

  •  0
  •  0