1月ももう終わり・・・

イチゴの美味しい季節ですね。

1いちご


小粒でよく熟したイチゴがお安く手に入ったのでイチゴ染めに挑戦してみました。


いちご染工程

①イチゴ1パックをよく洗ってヘタを取り、ジューサーにかける。

②イチゴジュースと同量の食酢を入れてジューサーでよく混ぜる。

③出来上がった染液をバケツに移して、染めたいモヘアを入れる。

(モヘアに対して染液が少なかったら水とお酢を足す、色の濃さを調整。

今回は、少し薄い色になるように足しました)

④バケツの中でモヘアを絞り、イチゴジュースをよくなじませる。

⑤10分おいたらもう一回絞り、さらに10分おいてもう一度、

染むらができないように気を付けてよく染液をなじませる。

⑥モヘアを浸したまま、1時間以上つけ置きする。

⑦モヘアを流水でよく洗い、陰干しする。

出来上がり~ 以外と簡単でしょ!


イチゴ染

写真ではよく色が出てませんが、優しいピンクに染め上がりました。

ほのかにイチゴの香りが残っています。

お酢を使う染色では熱を加えないので綺麗な色に染まります。

また、生地が傷まずモヘアにも優しいですね。

イチゴのように可愛いテディベアを作りたいと思います






スポンサーサイト


オリーブ

オリーブ染のテディベアを作ろうと、庭のオリーブでモヘアを染色しました。


オリーブ1

大きな鍋にオリーブの葉を入れて染液を作ります。

オリーブ2

媒染にミョウバンを使うと、黄色に・・・

オリーブ3

鉄媒染だと、グレーがかったグリーンに・・・

オリーブモヘア

きれいな色に染まりました!

オリーブ染めのテディベアのリクエストにようやくお答えできます。

いよいよ来月、30日・31日は「テディベアコンベンション」です。

今年はどんな感じのブースにしようかな~といろいろイメージしながら

テディベアを制作中てす。

詳細は、またお知らせしますね~


地元、大宮公園のハーブ教室 Harbal MoMo  さんに通っています。

先週はハーブ染めの実習でした。

藍染1

プランターで育てた「藍」を摘んで、葉っぱをミキサーで細かくつぶして染料を作り、

染めたい布を漬け込みます。

絹などの動物性の繊維が綺麗に染まるということで、皆さんスカーフなどを染めました。

私はベア用に持っていたジャパンシルクと羊毛フェルトを染めてみました。

藍染

元の生地が少しクリーム色だったので、優しいブルーに染まりました。

ローズマリー1

もう一つは、ローズマリー染め

ローズマリーは煮出して染料を作り、漬け込んだらミョウバンで色止めします。

ベア用のモヘアがかわいい黄色に染まりました。

ほのかにローズマリーの香りが残っています。


実習のあとは、先生のお母様手作りランチタイム~

ランチ

ハーブを使った美味しいランチを頂きました。

JHS(ジャパン・ハーブ・ソサエティ)のハーブインストラクター取得講座ですが

ハーブ畑でハーブを育てたり、クラフト作りをしたり、料理をしたり・・・

ハーブを知って生活に生かそう~というコンセプトで毎回とても楽しみです。

我が家の小さな庭にもハーブ畑にしようと計画中です。

ハーブのある生活ってとても癒されます。


風太

今回のハーブ染めでどんなベアを作りましょうか・・・

近々、お披露目したいと思います。